最新の教育

ビル

小学生から始める英語教育はどうなのか

日本は中学生から高校生まで通算6年の英語教育を行っていました。
しかし今は小学生から必修科目にするという流れになってきています。
小学校3年生から英語を学ぶという学校もあるようです。
確かにまだ小さいうちから英語に慣れ親しんでいると、抵抗もなく受け入れることが出来るかもしれません。
しかし教える教師側に大きな負担がかかってしまいます。
日本では文法を徹底的に学ぶことになっているので、英会話レベルに達することは難しいと言われています。
文法が正しいのかどうか、ということを頭の中で考えてしまうので、言葉が出てこないというわけです。
日本語を話す際に文法を注意している人はあまりいないでしょう。
そう考えると文法中心の勉強が日本人を英会話が苦手という意識を持たせることに繋がってしまいます。
小学校のうちから英語を学ぶことは文法ではなく、耳から学ぶということに繋がっていくので、英会話レベルまで達することが出来るのかもしれません。

ビル

当社のサービス一覧

学資保険が求められる主な理由とは

学資保険によって教育のための資金を貯める理由

教育ローンを組むということを考える

小学生から始める英語教育はどうなのか